顧問紹介

Advisor

小林 至

Itaru Kobayashi

1968年 神奈川県生まれ

元プロ野球選手(千葉ロッテマリーンズ)

学校法人 桜美林学園常務理事/桜美林大学教授/大学スポーツ協会(UNIVAS)理事/博士(スポーツ科学)

 

1992年 東京大学 文科II類経済学部 経営学科卒業

同年 千葉ロッテマリーンズ入団(投手)

1995年 コロンビア大学入学 経営学修士号を取得(MBA)

2002~2020年 江戸川大学社会学部 助教授(06年から教授)

2005~2014年 福岡ソフトバンクホークス株式会社 取締役

2007~2010年 パシフィックリーグマーケティング株式会社 執行役員

2008年~現在 サイバー大学 客員教授

2014年~現在 福岡大学 非常勤講師

2018年~2021年 テンプル大学 客員教授

2018年~現在 立命館大学 客員教授

2019年~現在 UNIVAS 理事

2020年~現在 桜美林大学 教授

2021年〜現在 学校法人 桜美林学園 常務理事

 

ロッテオリオンズ(現:千葉ロッテマリーンズ)の練習生を経て、91年、千葉ロッテマリーンズにドラフト8位指名を受けて入団。史上3人目の東大卒プロ野球選手となる。

退団後、94年から7年間、アメリカに在住。その間、コロンビア大学で経営学修士号(MBA)を取得。
2002年より江戸川大学助教授(2006年から2020年まで教授)。

2005年に孫正義社長から誘われ、2014年までの10年間、福岡ソフトバンクホークス取締役を兼任。
パ・リーグの共同事業会社「パシフィックリーグマーケティング」の立ち上げや、王貞治会長の指導のもと、球界初となる「三軍制」の導入や、FAやトレードなどの積極的な活性策を打ち出し、常勝軍団の礎を築いた。

立命館大学とサイバー大学の客員教授、経産省『地域✕スポーツクラブ産業研究会』委員、スポーツ庁『スタジアム・アリーナ推進官民連携協議会』幹事、スポーツ庁『スポーツ産業拡大に向けた潜在分野検討会』委員、ジャングルX株式会社 顧問、近著『スポーツの経済学』(PHP)など著書、論文多数。

岡村 稔

Minoru Okamura

1957年 東京都生まれ

プロデューサー

 

1979年 上智大学外国語学部英語学科卒業

1979年 丸紅株式会社入社

1990年 株式会社フジテレビジョン入社 編成部

1997〜2003年 フジサンケイインターナショナル ニューヨーク本社勤務 シニアディレクター

2003〜2008年 株式会社フジテレビジョン 国際部長

2008年 BSフジ 総務局長、執行役員広報局長

2011~2021年 株式会社フジテレビジョン フジサンケイグループ国際担当プロデューサー、広告大賞統括プロデューサー(現任)

 

丸紅株式会社では、東南アジア向け重機、建機輸出業務及び営業担当。インドネシア国ジャカルタ支店駐在時代は、合弁会社の非常勤取締役を兼務し、現地での建設機械セールス、無償案件のコーディネート及びファイナンス業務を行った。

フジテレビ入社後は、編成、営業、専務秘書、事業を経験。1995年大相撲ヨーロッパ公演、1997年3月臨海副都心公道にてイルミネーションパレード、格闘技イベント(海外含む)をプロデュース。1998年には日本におけるフランス年にて自由の女神移築プロジェクトを担当。

ニューヨーク本社では、在留邦人向け日本語放送の編成、営業、リサーチ業務を統括。在外選挙CM制作、ニューヨークでの歌舞伎企画具体化、コロンビア大での映画試写会を実施。また、日本向けにMoMAを始めとする美術館企画セールスも展開。帰国後は、国際部にて海外番組販売、海外子会社管理に携わる。新規案件としてフォーマットセールスをフリーマントル社との間で成立させた。

BSフジでは、総務局長として株主総会の担当。広報局長としてBSフジブランド構築のため、インフラ整備に注力した。

フジサンケイグループでは、グループ国際担当して、海外関連業務の連絡調整、グループ各社間での新規案件のマッチング、47年の歴史があるグループイベントである広告大賞の統括プロデューサー。

平田 英之

Hideyuki Hirata

1972年 岡山県生まれ

平田公認会計士事務所代表

株式会社ハイ・シーズン代表取締役

 

1998年 早稲田大学 政治経済学部 経済学科 卒業

1997年〜2001年 センチュリー監査法人(現 新日本有限責任監査法人)

2001年〜現在 平田公認会計士事務所 代表

2003年〜現在 株式会社ハイ・シーズン 代表取締役

 

大学在学中に公認会計士第二次試験合格。

卒業を待たず監査法人に入社し、上場企業監査、財務デューデリジェンス、株式公開コンサルティング等に従事。

 

独立後は税務、経営・財務コンサルティングを中心に活動。

不動産業・製造業・医業等、多業種についてスタートアップから再生案件まで幅広い経験を持つ。

特に不動産売買業に精通。

 

自身でも不動産業、飲食業等の経営を経験しており、机上のコンサルティングとは一線を画す。

東瀬 耕太郎

Koutaro Azuse

1967年 熊本県生まれ

スポーツマネジメント・エージェント

アズコウエージェンシー代表

一般財団法人 常陸大宮市スポーツ協会 PRアドバイザー

一般社団法人 スポーツキャリアアドバイザーズ アドバイザー

 

1990年 明治大学 政治経済学部 経済学科 卒業

1990年1月 横浜大洋ホエールズにドラフト2位で入団

1993年 千葉ロッテマリーンズ

1997年 広島東洋カープ

1999年 中日ドランゴンズ

2000年 大阪近鉄バファローズ 同年引退

都内商社勤務を経て

2006年 アズコウエージェンシー設立

 

11年間のプロ野球在籍後、都内商社に勤務。2006年からアズコウエージェンシー設立。

主にプロ野球選手のマネジメント・エージェント業務を行い、これまでに数多くの国内選手のFA移籍や契約交渉をサポート。

また、その他には母校明治大学野球部の100周年記念行事である2010年のアメリカでのスプリングキャンプ開催に参画協力、2011年には日本人高校生のロサンゼルス・ドジャースへの入団をバックアップする。